メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

選べる自由を=小国綾子

記者会見した棚村政行・早稲田大教授(前列左から4人目)や市民グループ「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」のメンバーら=東京都新宿区で18日、小國綾子撮影

 この秋、銀婚式を迎えた。結婚25周年。……ってことは、法制審議会が「選択的夫婦別姓」の導入を提言した1996年から、来年でとうとう四半世紀になるってわけだ。

 新婚時代は「すぐに別姓が選べる時代が来る」と信じて疑わなかった。以来、仕事でも家庭でも近所でも子どもの学校でも旧姓の「小国」を名乗って生きてきた。ところが、25年待ちわびても、いまだ別姓は選べないままだ。

 その選択的夫婦別姓制度が今、注目されている。第5次男女共同参画基本計画に盛り込まれるかどうかの瀬戸際。自民党内も賛成、容認、反対と意見は割れている。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです