メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

演出家 宮本亞門/2 少年時代、芝居に囲まれ

幼い頃の宮本亞門=本人提供

 芝居好きは母親譲りだった。母は松竹歌劇団に所属していたが実家が生活に困窮したため、泣く泣く辞めざるを得なかったという。父と結婚し、喫茶店を始める時、東京・新橋演舞場の前という立地を決めたのも母だった。「母に抱かれてよく舞台を見ました。僕の耳元で『ね、すごいでしょ。あれがいいのよ』とささやく。まるで生のイヤホンガイドのようでした」

 直前まで出演していた俳優が舞台化粧のまま、浴衣を羽織ってコーヒーを飲みに来ることもあった。「うまくいかなかった」と悔やんだり落ち込んだりするさまを目の当たりにした。「一見華やかだけれど、裏は恐ろしくシビアな世界なんだなと子どもながらに感じた。でもどんなにつらくても、舞台ではにっこり笑ってお客さんを勇気づけているのがまたすばらしいなとも思いました」。まさしく芝居に囲まれた少年時代だった。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです