東日本大震災

福島第1原発事故 心を込めて農水産物生産、一律禁輸つらい 頑張る福島伝えたい 台湾の若者、現地体感 /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大内宿の街並みをライブ配信する台湾人の若者たち=福島県下郷町の大内宿で2020年11月20日、高橋隆輔撮影
大内宿の街並みをライブ配信する台湾人の若者たち=福島県下郷町の大内宿で2020年11月20日、高橋隆輔撮影

 東京電力福島第1原発事故後、福島など5県の農水産物を禁輸している台湾の若者5人が15~21日の1週間、県内を訪れ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて福島の今の様子を現地に発信した。若者たちは観光地の魅力や生産者の努力、先の見えない廃炉作業など、さまざまな側面について、どう伝えるか真剣に考えながら体感していた。【高橋隆輔】

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文871文字)

あわせて読みたい

ニュース特集