特集

第100回高校ラグビー 富山第一(富山)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する富山第一(富山)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

北信越ブロック予選 決勝 高岡第一「代表」逸す 開志国際に6-72 /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【開志国際-高岡第一】前半22分、ペナルティーゴールを決める高岡第一の野田(左端)=富山市森の岩瀬スポーツ公園で2020年11月23日、青山郁子撮影
【開志国際-高岡第一】前半22分、ペナルティーゴールを決める高岡第一の野田(左端)=富山市森の岩瀬スポーツ公園で2020年11月23日、青山郁子撮影

 12月に開催予定の第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の北信越ブロック予選は23日、富山市の岩瀬スポーツ公園で決勝があった。高岡第一(富山)は6―72で開志国際(新潟)に敗れ、6年ぶり2回目の出場を逃した。

 ブロック予選は記念大会による増枠に伴い開催され、北信越5県予選の2位校が出場。決勝は北陸3県を勝ち抜いた高岡第一と、長野2位校を破った開志国際が激突した。

 全国大会について、大会実行委員会は新型コロナの感染状況を踏まえ、開催の可否や大会方式を競技中。開催の場合は、都道府県予選の優勝校51校とブロック代表9校など計63校が出場する。【青山郁子】

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文492文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集