メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士五湖観光連盟が防災セミナー 富士山噴火、どう対応 富士吉田 /山梨

 富士五湖観光連盟の「富士五湖観光防災セミナー」が20日、富士吉田市のホテルで開かれ、富士五湖エリアの市町村の観光業者や防災担当者ら約100人が富士山噴火など災害時の対応を研修した。

 連盟では9月に「富士五湖観光事業者災害対応マニュアル」を作製しており、マニュアルに沿った災害対応対策を実践するために開催した。

 セミナーでは「観光レジリエンス研究所」代表の高松正人さんが「いざというとき観光事業者のすべきこと」と題して講演。あらかじめ対策本部長や情報責任者、お客様対応責任者など災害時の役割を決めておく必要があると指摘。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです