メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜支局長からの手紙

驚異的な宝、富有柿 /岐阜

 合併で今は本巣市の一部となった旧・糸貫町の特産品といえば富有柿です。11月はあちこちの畑で鮮やかなだいだい色の大きな玉が実り、中心部を南北に貫く国道157号沿いに並ぶ直売所は品定めする客でにぎわいました。

 その国道沿いの本巣市上保に本社を構えるバス・鉄道向け電装品メーカー「レシップホールディングス」での取材を終え、駐車場まで見送ってくれた社員と柿を巡る雑談となり、会社の株主優待品が富有柿だと知ることとなりました。(他に、郡上市で生産されている「明宝ハム」も選べます)。

 あらためて社長の杉本眞さん(68)にこの話題を振ると、その背景を教えてくれました。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです