連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

東邦ガス、初戦の壁 10安打、好機に一本出ず /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-東邦ガス】五回裏東邦ガス1死、飯田が中前打を放つ=東京ドームで2020年11月23日、手塚耕一郎撮影
【ENEOS-東邦ガス】五回裏東邦ガス1死、飯田が中前打を放つ=東京ドームで2020年11月23日、手塚耕一郎撮影

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第2日の23日、東邦ガス(名古屋市、東海第4代表)は1回戦でENEOS(横浜市、西関東第1代表)と対戦し、0―6で敗れた。10安打を放ちながら好機に一本が出ず、4年連続の初戦敗退となった。県勢はジェイプロジェクト(名古屋市、東海第5代表)が第3日の24日に登場。鷺宮製作所(東京都、東京第4代表)との1回戦に臨む。【森野俊】

 球場が沸いたのは、1点を追う四回だった。先頭の3番・上内が安打で出塁し、4番・若林が左打席に入った。東海2次予選では2本塁打をマークしたスラッガーだ。チーム内外から「若林が打たない試合は負ける」と言われるほどの中心打者は、本大会でも持ち前の打棒を披露した。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文680文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい