連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

ホンダ鈴鹿、初戦突破 古豪・日生に競り勝つ /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本生命-ホンダ鈴鹿】四回裏ホンダ鈴鹿2死三塁、庄司の適時打で中村(左)が生還(捕手・古川)=東京ドームで2020年11月23日、西夏生撮影
【日本生命-ホンダ鈴鹿】四回裏ホンダ鈴鹿2死三塁、庄司の適時打で中村(左)が生還(捕手・古川)=東京ドームで2020年11月23日、西夏生撮影

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第2日の23日、県勢のホンダ鈴鹿(鈴鹿市、東海第2代表)が1回戦に登場し、「西の名門」と呼ばれる日本生命(大阪市、近畿第5代表)に5―4で競り勝った。3点差を追いつかれた直後の七回、前田と貞光の連続適時長短打で勝ち越した。2回戦は大会第7日(28日)第1試合でNTT西日本(大阪市、近畿第1代表)と対戦する。【鈴木英世】

 一回2死二塁、王子(愛知県春日井市)からの補強選手である伊礼が変化球にしぶとく食らい付き、右前適時打で1点を先取。二回には長の中犠飛で1点、四回も庄司の中前適時打と小刻みに得点を重ねた。

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1199文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい