特集

第100回高校ラグビー 報徳学園(兵庫)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する報徳学園(兵庫)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

近畿ブロック予選 決勝 報徳、制覇 天理の猛追振り切る /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【報徳学園-天理】前半、報徳のプロップ西崎は力強い突破でトライした=東大阪市花園ラグビー場で2020年11月23日午後2時9分、韓光勲撮影
【報徳学園-天理】前半、報徳のプロップ西崎は力強い突破でトライした=東大阪市花園ラグビー場で2020年11月23日午後2時9分、韓光勲撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)の近畿ブロック予選は23日、東大阪市花園ラグビー場第2グラウンドで決勝があり、報徳学園が天理(奈良)を15―7で降した。

 全国大会について、大会実行委員会は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、開催可否や大会方式を協議している。

 実行委は既に大会概要を発表しており、12月27日に同ラグビー場で開幕し、2021年1月9日に決勝を行う予定。例年より12校多い63校が出場するとしている。都道府県予選で優勝した51校に加え、各準優勝校による全国9地区の予選を勝ち抜いた9校が出場権を獲得。最近の各府県予選参加チーム数の累計上位の愛知、埼玉、福岡は出場枠が一つ増えて2となる。【韓光勲、加藤佑輔、林みづき】

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1123文字)

あわせて読みたい

注目の特集