メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

農福連携への期待 /和歌山

 農業をする人が減り、耕作放棄地が拡大しています。一方、その担い手として、障害のある人たちに目が向けられるようになってきました。農業と福祉とがつながる「農福連携」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。県内でもJAが農家と福祉作業所とをつなぎ、障害者が稲作などに取り組む地域があります。

    ◇    ◆

 太平洋を望む串本町の国道沿いに、福祉作業所「エコ工房四季」はあります。知的障害などがある47人が通う施設です。ここがニンニク農家の作業の一部を担うようになったのは、2年前のことでした。間に立ったのは、JAみくまの西向営農センター(同町)の次長、瀧本義大(よしひろ)さん(39)です。「農業を何とかしないといけない」という思いからでしたが、人材として注目したのが障害者でした。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです