メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨 無償貸与車、役割終え戻る 日本カーシェアリング協会 武雄 /佐賀

武雄市の九州支部に帰還した日本カーシェアリング協会の車(画像を一部加工しています)

熊本などへ442件 利用者からは感謝の声

 一般社団法人「日本カーシェアリング協会」が7月の九州豪雨で甚大な被害を受けた熊本県人吉市などで無償貸与した車が19日、役割を終えて同協会九州支部(武雄市)に戻った。車を借りた被災者からは「途方に暮れている中、本当に助かった」「この恩は忘れない」と感謝の声が寄せられた。【池田美欧】

 協会は豪雨発生から2週間後の7月18日に人吉市で貸し出しを始めた。新たに63台が寄付され、協会所有の59台と合わせて122台を活用。11月16日までに人吉市や熊本県八代市、大分県日田市、福岡県大牟田市で延べ442件貸し出した。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです