メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

 1950年に勃発した朝鮮戦争(53年に休戦協定)で、米海軍の掃海艇に乗った福岡県出身の日本人男性が機雷除去中の触雷事故で死亡していたことが、外務省外交史料館の文書で判明した。朝鮮戦争の日本人犠牲者を巡っては、政府が港湾業務など後方支援で死亡した日本人をまとめた文書はあったが、米掃海艇など戦闘最前線の犠牲者をまとめた政府公文書の存在が明らかとなるのは初めて。

 今年7月に外交史料館で開示された文書には、福岡県小倉市(現北九州市)の男性(当時26歳)が米掃海艇パートリッジに乗り、51年2月2日に朝鮮半島沖で「触雷沈没により死亡」との記載があった。氏名などは「他国との信頼関係が損なわれる恐れがある」(外務省)などとして黒塗りにされていた。文書には「他に日本人一名乗船し死亡」と記しつつ「事実は不明」とあった。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです