G20サミット閉幕 経済回復「あらゆる努力」 対コロナ、途上国支援 首脳宣言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 テレビ会議形式で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は22日(日本時間23日未明)、新型コロナウイルスで打撃を受けた世界経済の回復と雇用確保に向け「あらゆる努力を惜しまない」とする首脳宣言を採択して閉幕した。ワクチンの安定供給や債務返済の延期・一部免除など発展途上国への支援策も打ち出した。

 首脳宣言は、世界経済について「不確実性が高く、新たな感染拡大など、より大きな下方リスクにさらされている」と危機感を表明。感染防止が緊急の課題であり、各国が「全ての利用可能な政策手段を引き続き用いる」との方針を示した。また、コロナ危機への対応で世界は「歴史の決定的な瞬間」にあるとして国際社会の結束を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文814文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集