メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

加害者情報、被害者は分かるの? 判決や出所時期を通知 仮釈放に意見陳述も可=回答・村上尊一

通知制度などを紹介している検察庁の被害者向け冊子

 なるほドリ 事件の被害(ひがい)者が、加害(かがい)者がその後どうなっているのかを知りたいと思うことがあるよね。そんな時、知ることはできるの?

 記者 事件の被害者に、加害者に関する情報を伝える「被害者等通知制度」というものがあります。全国の検察庁は、事件の加害者の起訴(きそ)や不起訴などの処分結果、刑事裁判の期日や判決、刑務所での処遇(しょぐう)内容や出所時期などを被害者側に通知しています。1999年に法務省が通達を出し、全国的な制度になりました。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです