メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

小乃おのさん=吃音体験を描いたコミックエッセーを出版

小乃(おの)おのさん(33)

 「ありがとう」を言おうとしても「あ、あ……」となかなか言葉が出てこない吃音(きつおん)で幼い頃からからかわれ、頑張って話そうとしては落ち込んだ。学生時代は人と話さずに生きる方法まで探したが、人間関係は「言葉だけじゃない」と気づかされ、吃音と折り合えるようになった。10年前に社会福祉士になり、ケアマネジャーとして働きながら「どもっても生きやすい世の中に」と願い、体験を得意な漫画で「きつおんガール」として描いた。

 高校生になると、出しやすい言葉に言い換える工夫が身に付き、吃音を苦にしなくなった。しかし、大学3年で始めた飲食店のアルバイトが忙しく、症状がぶり返した。定番の接客用語が言えず、「何あれ、変な話し方」とささやかれ、心が折れた。講義を受ける大学の心理学の先生に相談すると「接客は言葉だけじゃないと思う」と言われ、はっとした。笑顔や気遣い、心配り……。話すことばかりに気を取られていた。それ以来、接客が怖…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです