メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/466 阿部和重 写真・相川博昭

 

「ほれ、さっさとかけろ」

 打開の手だてがまるで浮かばない。ハナコ(、、、)の安否も気がかりだが、振りかえったら即つき落とすと脅す弟田口はほんとうにそれをやりそうだ。もっとも、ここでなにを選んでも遅いか早いかのちがいにすぎず、どのみち死の道を歩まされることに変わりはないのだろう。生死の瀬戸際にあるせいか、痛みや寒さに鈍感になってきていることのみが救いだ。

 呼びだし音を鳴らすあいだの緊張感は物理的な殴打にもおとらぬ圧力で心をつぶしにかかった。自分自身の生死がかかっているのだから当然の話だ。どんなに待っても沢田龍介はビデオ通話に応答しなかった。雨に濡(ぬ)れて冷えてきたらしく、弟田口は片手でスキンヘッドをこすりつつ「出ねえなくそ、もういいわ」などと言ってきて呼びだしをやめさせた。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです