メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

J1 4組目親子ゴール 横浜FC・安永「父超え」の12試合目

 Jリーグは1993年の開幕から28シーズン目となり、草創期にプレーした選手の「2世」の活躍も珍しくなくなった。だが、最高峰のJ1で親子そろってゴールを決めた例はまだ少なく、今季、4組目が誕生した。

 横浜FCのプロ2年目、MF安永玲央(20)は11月8日の神戸戦でJ1出場12試合目にして初得点を挙げ、横浜マなどでFWとしてプレーした父聡太郎さん(44)との4組目の親子ゴールとなった。聡太郎さんは95年のプロ1年目に1点を挙げたが、デビューから22試合を要した。

 長男の初ゴールの映像を見て「超えてほしくないんですよね。超えちゃってもいいんじゃないですか」と元ストライカーとして、父として複雑な様子で喜んだ。玲央は「素直に父を超えられて良かった」と自信を深めた様子だ。

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです