連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

大阪市6-0川崎市 大阪市・NTT西 「盤石」零封

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【川崎市(東芝)-大阪市(NTT西日本)】力投する大阪市の先発・浜崎=平川義之撮影
【川崎市(東芝)-大阪市(NTT西日本)】力投する大阪市の先発・浜崎=平川義之撮影

第2日(23日・東京ドーム)

 大阪市が危なげない試合運びを見せた。四回に西川のソロで先制し、五回にも2死満塁から西川の3点適時二塁打と長田の適時打で計4点を追加した。先発・浜崎は八回まで被安打2、毎回の9奪三振。川崎市は継投が裏目に出た。六回無死一、二塁の反撃機も生かせず、零封負けを喫した。

光る経験値

 ハイライトはこの試合、初めて川崎市の先頭に出塁を許した六回だった。四球と内野安打で無死一、二塁。マウンド上の大阪市の右腕・浜崎は、ここからが勝負とばかりにベテランらしい巧みな投球術を披露した。

 相手の2番打者を123キロのチェンジアップ、3番打者を140キロの直球で空振り三振に仕留めた。いずれも、コースはど真ん中。痛打される危険性もあるが、球速に落差をつけることでタイミングを狂わせた。制球力があるからこそなせる配球に川崎市の打者も苦笑いするしかなかった。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文748文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい