メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かつての「当局の警戒対象」が駐中国大使に 垂秀夫氏起用の狙いとは

垂秀夫・駐中国大使=外務省提供

 幅広い人脈や豊富な知識を持ち「外務省の中国専門家の中でナンバーワン」と言われる垂(たるみ)秀夫・新駐中国大使(59)が25日に任地の中国・北京に向かって出発する。中国で3回、台湾で2回の駐在経験があり、中国国内での情報収集活動を理由に当局の警戒対象になったこともあるとされる垂氏。日中両国が多くの懸案を抱える中、「対中強硬派」とも「中国に常に寄り添ってきた人物」とも呼ばれてきた垂氏の起用の狙いを探った。

首相と異例の会食

 11月9日の昼、首相官邸近くのホテルの中国料理店での会食が注目を集めた。この店の常連である菅義偉首相の会食相手として向き合ったのは、外務省事務方トップの秋葉剛男外務事務次官、そして垂氏だった。任地に赴く前の大使と首相が個別に会食するのは異例だ。首相周辺は「中国に赴く垂氏とゆっくり話をしたかったのだろう」と語る。他の大使と異なる扱いには、…

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文2104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです