特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年の「桜を見る会」であいさつする安倍晋三前首相=コラージュ
2019年の「桜を見る会」であいさつする安倍晋三前首相=コラージュ

 「桜を見る会」前日に安倍晋三前首相の後援会が主催した「前夜祭」を巡り、ホテルに支払った費用総額の一部を同氏側が補塡(ほてん)していたことを安倍氏の周辺が認めた。それまで安倍氏はかたくなに補塡を否定していたが、公職選挙法違反と政治資金規正法違反容疑で東京地検特捜部が公設第1秘書らから事情聴取していたことが報じられた直後、説明は覆った。安倍政権を揺るがした桜を見る会の問題が浮上したのはちょうど1年前のこと。当初から前夜祭の不自然さは指摘されてきた。そもそも何が問題だったのか、問題点をおさらいするとともに、専門家に捜査のポイントを聞いた。【古川宗/統合デジタル取材センター】

一流ホテルのパーティーが5000円

 前夜祭は安倍氏の後援会が2013年から桜を見る会の前日に開いてきたイベントだ。

19年の前夜祭は4月12日、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)の「鶴の間」で開かれ、約800人が出席したとされる。13、14、16年はANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)、15、17、18年はニューオータニで開かれた。…

この記事は有料記事です。

残り2048文字(全文2513文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい