メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖地化に沸く小さな集落・富山市の「滅鬼」地区 「鬼フライ煎餅」売り上げ10倍に

「滅鬼」バス停=富山市八尾町滅鬼で2020年11月17日、青山郁子撮影

 アニメ映画化されるなど記録的ヒットを続ける人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の漢字を逆さにした「滅鬼(めっき)」という地名が富山市にある。アニメ人気にあやかってユーチューバーが訪れたことでにわかに脚光を浴び、「聖地巡礼」するファンも絶えないという。突然のブームに沸き返る現地の様子を見に行こうと、富山市出身の記者が初めて足を運んでみた。

 思い起こせば、記者の実家近くを走っていたバスの行き先の一つが「滅鬼」だった。しかし学生時代は読み方すら分からず、記者になってからもなじみのない土地だった。

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです