琵琶湖に水上飛行機復活なるか 半世紀ぶり運航へ実証実験 「観光の起爆剤に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
実証飛行するに当たり、事前に行ったテストで比叡山を背景に琵琶湖を進む水上飛行機=別所隆弘さん撮影
実証飛行するに当たり、事前に行ったテストで比叡山を背景に琵琶湖を進む水上飛行機=別所隆弘さん撮影

 琵琶湖岸を発着する水上飛行機の遊覧飛行を半世紀ぶりに復活させようと、大津市が24日、乗客を乗せた実証実験を行った。同市の担当者は「少人数での運航はウィズコロナ時代の移動手段にふさわしく、観光の起爆剤にもなる」と意気込んでいる。

 琵琶湖の水上飛行機は、1961年から大津港を発着地点に民間企業が遊覧目的で運航していたが、客足が落ち込み、72年に廃止された。実証実験は新たな観光資…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

注目の特集