メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍前首相側の補塡は800万円余か 「桜を見る会」前夜祭

衆院本会議場を終え、記者団の質問に答える安倍晋三前首相(左)=国会内で2020年11月24日午後1時21分、竹内幹撮影

 「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍氏側が会場となったホテル側に少なくとも2015~19年の5年間で、参加者から徴収した会費では足りなかった総額800万円余を支払っていた疑いがあることが、関係者への取材で判明した。

 関係者によると、前夜祭は13年から開かれ、補塡(ほてん)は同年から行われたという。飲食代など開催費用として総額約2300万円…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです