メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大、霊長類研の松沢元所長ら2人を懲戒解雇 研究費の不正支出問題で

京都大霊長類研究所=愛知県犬山市で2019年12月6日午前10時47分、川瀬慎一朗撮影

 京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の設備工事を巡る国からの研究費の不正支出問題で、京大は24日、同研究所元所長の松沢哲郎・高等研究院特別教授(70)と、同研究所の友永雅己教授(56)を懲戒解雇処分にしたと発表した。ほかに教職員計4人を停職や戒告などの懲戒処分にした。処分はいずれも同日付。松沢氏はチンパンジーの知性を探る霊長類研究の第一人者として知られる。

 京大は6月、松沢氏ら4人による不正な支出が2011~14年度に34件計5億669万円あったと発表。いずれも同研究所と京大野生動物研究センター(熊本県宇城市)のチンパンジー用ケージの整備に関係していた。11月10日には会計検査院が、京大の調査結果に加え、約6億円の不正支出を指摘していた。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです