メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃

大阪・北新地=木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの「第3波」で、大阪市内の飲食店に再び休業・営業時間短縮が要請されることが24日に決まった。対象とされたキタ(北区)やミナミ(中央区)の繁華街では「今回は応じない」「商売のスタイルを変えなければ」と切実な声が上がる。春の休業要請は乗り越えた経営者らも、年末の書き入れ時を目前に衝撃を受けている。

 「今回は応じるつもりはない。(行政からの協力金)50万円では全然足りない」。大阪市北区にあるガールズバーの40代男性店長は断言した。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです