楽天3位指名の左腕の使命感 好救援のENEOS・藤井 プロ同期へのメッセージ 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEOS)-名古屋市(東邦ガス)】力投する横浜市の3番手・藤井=東京ドームで2020年11月23日、西夏生撮影
【横浜市(ENEOS)-名古屋市(東邦ガス)】力投する横浜市の3番手・藤井=東京ドームで2020年11月23日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第2日の23日、第3試合で5年ぶり50回目出場の横浜市・ENEOSが4年連続14回目出場の名古屋市・東邦ガスを6―0で降し、史上初の大会通算100勝目を手にした。プロ野球・楽天からドラフト3位で指名された左腕の藤井は3番手で登板。6安打を浴びながらも5回を無失点で締めくくった。

 「こんなに楽しく緊張感のある舞台は、なかなかない」。自チームのユニホームでは初めて立つ都市対抗のマウンドをかみしめながら投じた63球だった。

 六回に連打などで1死二、三塁のピンチを招いたが、140キロ前後の球速以上に切れのある直球で、後続を2者連続で外野への飛球に仕留めた。

 リズムの良い投球は、バックの好守も生んだ。八回2死一、三塁のピンチでは、内野の後方へフラフラと上がった打球を二塁手の小豆沢が懸命にグラブを伸ばしてダイビングキャッチ。「頼もしい先輩」と、跳び上がらんばかりの大きなガッツポーズで喜んだ。

「俺は都市対抗で優勝したいんだ」

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文1003文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る