特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

KKコンビ破った「木内マジック」 支えた観察眼、洞察力 愛された名将、悼む声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1984年夏の甲子園決勝戦で延長の末PL学園を破って優勝した取手二の木内監督
1984年夏の甲子園決勝戦で延長の末PL学園を破って優勝した取手二の木内監督

 肺がんのため24日に89歳で死去した高校野球界を代表する名将・木内幸男さんは、茨城県の取手二、常総学院で、甲子園に合計春7度、夏15度出場し、春1度、夏2度の優勝に導いた。大事な一戦で見せる意表をつく継投やスクイズは「木内マジック」と称された。だがその采配の背後には、選手の個性を見抜く観察眼と、戦況を冷静に判断する洞察力があった。

 一躍有名になったのは、取手二を率いた1984年夏の甲子園だ。「KKコンビ」として知られた清原和博さん(53)、桑田真澄さん(52)を擁したPL学園(大阪)との決勝。エースが完投するのが当然だった時代、九回に追いつかれると、エースを一度外野に下げ、冷静さを取り戻させてから再びマウンドに戻し、春夏通じて茨城県勢初の甲子園制覇に導いた。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1146文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る