メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

拙速だった「義務化」案

 NHK改革を巡る総務省の有識者会議で、同省が20日、取りまとめ案を出した。同省が提案していたテレビ設置者への受信料の支払い義務化、NHKが要望したテレビ設置の届け出義務化と、未契約者の氏名などを照会できる制度は、会議などで反対が続出し、導入が見送られた。妥当な判断だ。これらの案は10月に同会議へ検討が要請された。特に支払い義務化は、視聴者の同意に基づく受信料制度の根幹を変える内容で、NHKも反対した。

 一方、取りまとめ案には、テレビを持つのに受信契約を結ばず、不当に支払いを逃れる人に割増金を課す制度が記され、同省が法制化することになった。当初のさまざまな「義務化」などの案に比べると穏当にはなった。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  2. 神奈川で加速度的に感染者増 16日間で1万人増 入院せず療養5243人

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです