メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「真珠星」野尻抱影に導かれ 絹谷賞、後藤靖香が個展

後藤靖香個展「真珠星」の会場=大阪市西区で2020年11月、三輪晴美撮影

 ギャラリーに足を踏み入れると、3方の壁にモノクロームの大画面が広がる。劇画がかったペインティングで戦時を生きた若者などを描き、絹谷幸二賞はじめ高い評価を受けてきた後藤靖香。5年ぶりとなる個展「真珠星」が大阪市西区の「TEZUKAYAMA GALLERY」で開催中だ。

 ロマンを誘うタイトルは、ある日、夜空で後藤が目にとめた星「スピカ」の和名で、名付けたのは英文学者で天文民俗学者の野尻抱影(ほうえい)(1885~1977年)だ。当初は真珠星自体をテーマにするはずが、今展では、野尻を中心とした人物模様やうごめくエネルギーを大小の作品に…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです