福岡・宗像で鳥インフル 香川以外で今季初 9万羽殺処分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥インフルエンザが発生し、殺処分作業が続く養鶏場=福岡県宗像市で2020年11月25日午前9時40分、本社ヘリから撮影
鳥インフルエンザが発生し、殺処分作業が続く養鶏場=福岡県宗像市で2020年11月25日午前9時40分、本社ヘリから撮影

 福岡県は25日、同県宗像市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したと発表した。致死率の高い高病原性とみられる。福岡県内での鳥インフルエンザ発生は初めてで、今季、国内9例目。過去8例はいずれも香川県内での発生だった。福岡県は25日朝からこの養鶏場が飼育する全9万3500羽の殺処分や消毒作業を始めた。

 県によると、この養鶏場では12鶏舎で肉用の鶏を飼育していた。24日午後1時40分に管理者から「いつもより死んでいる鶏が多い」と県中央家畜保健衛生所に通報があった。死んだ37羽のうち10羽について同日中に簡易検査したところ、9羽の陽性を確認。25日朝までに遺伝子検査で高病原性の可能性が高いH5型と確認された。今後、国による精密検査を経て、感染の有無の最終確認をする。

 県は国の指針に基づき、鶏の殺処分や敷地内での埋却処分をし、3日以内に終える見通し。速やかに終えるため25日、陸上自衛隊第4師団(福岡県春日市)に災害派遣要請した。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1069文字)

あわせて読みたい

注目の特集