メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALS、24時間訪問介護 事業所開設、父失った3姉妹運営 須賀川 /福島

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者宅を訪問し介護する、富永ひろみさん(左)と妹の滝田智恵さん=福島県須賀川市で

 須賀川市で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を専門に24時間の訪問介護サービスを提供する事業所「ケアステーションふくしま24」が9月に誕生し、順調に運営を続けている。立ち上げたのは、ALSの父を東日本大震災の混乱で亡くした3姉妹。「介護に多くの人が関わってくれた。患者家族に寄り添い、恩返ししたい」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです