メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内野党共闘、宇都宮市長選で大敗 合流せず地盤強化へ 次期衆院選へ戦略見直し /栃木

 15日に投開票された宇都宮市長選では、立憲民主党県連など県内4野党が新人で弁護士の須藤博氏(77)を支援したが、自民、公明両党推薦で現職の佐藤栄一氏(59)に倍近くの得票差で大敗した。来年10月までに必ずある次期衆院選に向け、野党各党は戦略の練り直しを迫られている。中央政界で野党合流が進む中、大きな塊になることを選ばなかった県内野党の思惑とは。

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです