メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・母校をたずねる

栃木県立足利高・足利女子高/7止 早川慶治郎さん/松嶋英子さん /東京

 地元で「アシタカ」と呼ばれる栃木県立足利高と、「アシジョ」と略される同県立足利女子高。2022年春の統合を控え、両校の卒業生は合わせて約5万人に上ります。足高同窓会長で「足利フラワーリゾート」会長の早川慶治郎さん(76)=1962年度卒=が「当時の暗い校風に反発しました」と笑いながら述懐すれば、足女同窓会長の松嶋英子さん(79)=59年度卒=も「周りから見ると女学生は憧れの的でした」と振り返ります。【青木英一、渡辺佳奈子】

この記事は有料記事です。

残り1945文字(全文2159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです