メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年政治資金 純収入68億8963万円 前年比17.3%増 自民支部が25% /神奈川

 県選挙管理委員会は24日、県内に拠点を置く政党支部や政治家の後援会などの2019年分の政治資金収支報告書を公表した。期限内に提出した1833団体の前年繰越額を差し引いた純収入は総額68億8963万円で、前年比10億1502万円(17・3%)増となった。自民党の政党支部239団体の純収入が1億2354万円以上増えて約17億3341万円となり、全体の約25%を占めた。【木下翔太郎】

 寄付収入は32億5349万円で純収入総額の5割弱を占め、前年から約7億3967万円増。項目別でも、個人献金が前年の137・4%▽企業・団体献金が同114・3%▽政治団体からの寄付が同120・8%――となり、いずれも前年から増加した。

この記事は有料記事です。

残り2116文字(全文2424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです