メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ

新型コロナ 富士登山「5合目手前で検温を」 山小屋組合、再開へ県に要望  /静岡

来年の富士登山再開を目指して要望書を渡す渡辺尚俊・富士山表富士宮口登山組合長(右から2人目)=静岡県庁で2020年11月24日、山田英之撮影

 来年の富士登山再開を目指すため、登山道の山小屋でつくる「富士山表富士宮口登山組合」などが24日、県庁を訪れ、新型コロナウイルスの感染予防策への支援を求める要望書を難波喬司副知事に提出した。登山する人が5合目に来る前の段階で検温をする体制整備や、山小屋が実施する感染予防策への助成を求めた。

 要望書は川勝平太知事宛て。富士山御殿場口山内組合、富士急静岡バス、県タクシー協会の富士・富士宮支部と御殿場・裾野支部との連名。

 要望書は「新型コロナ感染防止のため、今年の富士登山は中止せざるを得なくなった。山小屋をはじめ交通・観光事業者は収入源を絶たれて、極めて厳しい状況に置かれている」と現状を説明。富士登山を来年再開するため、新型コロナ感染抑止策への財政的な援助を要請した。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです