連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

国民民主のシン・憲法=古賀攻

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 映画「シン・ゴジラ」のシンには新、真、神など複数の意味があったそうだが、こちらのカタカナは一種のノリ、深刻ぶらないで議論しましょ、ということらしい。

 国民民主党が来月初旬に「シン・憲法草案」の発表を予定している。自民党は2012年に国粋的な改憲草案を、日本維新の会は16年に改憲原案をそれぞれ作成したが、旧民主党の流れをくむリベラル系から出てくるのは珍しい。

 草案作りに向けて10月9日から今月20日まで計8回、学識者を招いて市民参加型の憲法調査会が連続して開かれた。他党のアプローチと異なるのは、個別の条文ではなく、憲法とは何かという共通理解の醸成に力を入れたことだ。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1057文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集