メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

国民民主のシン・憲法=古賀攻

 <sui-setsu>

 映画「シン・ゴジラ」のシンには新、真、神など複数の意味があったそうだが、こちらのカタカナは一種のノリ、深刻ぶらないで議論しましょ、ということらしい。

 国民民主党が来月初旬に「シン・憲法草案」の発表を予定している。自民党は2012年に国粋的な改憲草案を、日本維新の会は16年に改憲原案をそれぞれ作成したが、旧民主党の流れをくむリベラル系から出てくるのは珍しい。

 草案作りに向けて10月9日から今月20日まで計8回、学識者を招いて市民参加型の憲法調査会が連続して開かれた。他党のアプローチと異なるのは、個別の条文ではなく、憲法とは何かという共通理解の醸成に力を入れたことだ。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. #セカンドキャリア 「便はダイヤモンドより価値がある」 起業したサッカー元日本代表の挑戦

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 全国の高校生が生け花「バトル」 事前収録の動画で腕前競う 高松

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです