メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

第二次大戦、日本の終戦構想は? 英屈服で米の戦意喪失 願望重ね開戦前に立案=回答・栗原俊雄

ハワイ・真珠湾で日本軍航空部隊の攻撃を受ける米艦隊=1941年12月8日撮影

 なるほドリ 79年前、日本はアメリカと戦争を始めたと習ったよ。あんなに大きな国と、どうやって戦争を終わらせるつもりだったの?

 記者 1941年12月8日、日本海軍の航空部隊(こうくうぶたい)がハワイの真珠湾(しんじゅわん)(パールハーバー)に奇襲攻撃(きしゅうこうげき)を行い、米艦隊(かんたい)に大損害(だいそんがい)を与えました。日本は米英との戦争に突入しましたが、開戦前の同年11月15日、首相や外相ら主要閣僚(しゅようかくりょう)と陸海軍の首脳が国策を決める「大本営政府連絡会議(だいほんえいせいふれんらくかいぎ)」で、終戦構想がまとめられていました。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです