メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

没後50年、三島由紀夫を読む

 1970年11月25日、作家の三島由紀夫は東京・市ケ谷の陸上自衛隊東部方面総監部に立てこもり、割腹自殺した。享年45。衝撃的な死から50年。いまも三島を題材にした著作や映画がつくられるなど注目を集め続ける。戦後を代表する作家が伝えたかったことは何か。残した作品や言動から何を読み解けるか。三島に魅了された3人が語る。

この記事は有料記事です。

残り4498文字(全文4657文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  3. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  4. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです