メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アショア代替、イージス艦2隻5000億円 800億円以上高額 政府試算

 政府は、配備を断念した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策について、既存イージス艦を大型化した新型イージス艦2隻に主要装備のレーダーなどを転用した場合、4800億~5000億円以上かかるとの試算をまとめ、25日にも自民党の会合に示す方針を固めた。政府が委託した民間企業2社が政府に報告した。

 自衛隊は現在、「こんごう」「あたご」「まや」の3種類のイージス艦を運用する。新型イージス艦を導入する場合、米国との情報共有などの最新鋭機能を持つ「まや」型を基に、全長を数メートル大型化する方向。政府が断念した秋田、山口両県にイージス・アショアを配備した場合は2基で4000億円程度を予定しており、本体だけで800億円以上高額となる。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです