米国 気候問題特使、ケリー氏 元国務長官 バイデン政権人事

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バイデン次期米大統領の政権移行チームは23日、新政権で外交・安全保障を担当する高官人事を発表した。外交の司令塔である国務長官に側近のトニー・ブリンケン元同副長官(58)を指名したほか、新設ポストの気候変動問題担当特使にジョン・ケリー元国務長官(76)を起用する。24日にバイデン氏が記者会見し、人事の狙いについて説明する予定だ。

 6閣僚・高官ポストの人事が明らかになった。ブリンケン氏は上院外交委員会スタッフや大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)を歴任し、大統領選でバイデン陣営の外交アドバイザーも務めた。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文960文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集