メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「地球恋しく毎日電話」 野口さんISS1週間

国際宇宙ステーションで、宇宙日本食のカレーやおにぎりを紹介する野口聡一宇宙飛行士=24日、NASAテレビから

 国際宇宙ステーション(ISS)に17日に到着した宇宙飛行士の野口聡一さん(55)が24日夜、ISSと宇宙航空研究開発機構(JAXA)をつないだ衛星回線を通じ、記者会見を開いた。「まだ来たばかりで地球が恋しくて毎日、家に電話している。単身赴任のお父さんと一緒で、家のことを思いながら任務にまい進しています」と明かした。

 野口さんの宇宙での滞在は、2009~10年以来10年ぶり3回目。今回、ISSに向かうため、米スペースX社の新型宇宙船「クルードラゴン」に搭乗した。運用段階に入った初の民間宇宙船で、日本人が乗るのは初めて。野口さんはこれまで、米スペースシャトルとロシアのソユーズ宇宙船に搭乗していた。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです