メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通常医療と両立困難 助言委、コロナ急拡大危惧

 新型コロナウイルスの感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)は24日、感染が全国的に急増する中、「地域によってはすでに急速に感染拡大がみられ、このままの状況が続けば医療提供体制と公衆衛生体制に重大な影響を生じるおそれがある」と危機感をあらわにした。1人の感染者が2次感染させる平均人数を表す実効再生産数が、大阪、京都、兵庫で感染拡大を表す2を超えており、「通常の医療では助けられる命が助けら…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです