メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球8カ月ぶり国際大会終了 張本と伊藤、見えた現在地

ITTFファイナルの1回戦でプレーする伊藤=ITTF提供・共同

 卓球で8カ月ぶりにトップ選手が集まり、中国で集中開催された男女のワールドカップ(W杯)と国際卓球連盟(ITTF)ファイナルが22日で終わった。いずれの大会でも決勝を独占した中国勢の強さが際立つ中、日本は女子のエース、伊藤美誠(スターツ)が中国撃破に最も近い存在だと改めてアピール。男子はエースの張本智和(木下グループ)を含めた上位陣の実力が伯仲している構図が鮮明となった。

 伊藤は女子W杯で3位となり、3位決定戦のないITTFファイナルも4強入りした。中国勢以外には取りこぼさず、日本協会の宮崎義仁強化本部長は「8カ月ぶりにしては合格」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです