メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

やっぱり「生」がいい=杉山愛

 <遊戯三昧(ゆげざんまい)>

 10年ぶりぐらいにテニスの全日本選手権を会場で見ることができた。1995年、96年にシングルスを2連覇し、2002年にはダブルスのタイトルを取った大会。「世界」を目指す上で自信になった舞台だけに、懐かしい気持ちになった。

 4大大会など世界のツアー大会を中心に活動している選手は多いが、全日本選手権はジュニア時代から日本でプレーしている選手であれば誰もが欲しいタイトルだと思う。

 私は15歳だった90年に主催者推薦として初めて出場し、プロ選手に勝つことができた。シングルスで優勝した2大会は、決勝の相手が雉子牟田(きじむた)直子選手だった。特に印象的だったのは2連覇した時の試合。第1セットを先取され、第2セットも2―5とリードされたが、2回のマッチポイントをしのいで優勝できた。その場面は今でも鮮明に覚えている。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです