メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「精神障害認められず」 神奈川・座間事件被告、鑑定医が証言

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判は24日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で、被告の責任能力についての審理があった。捜査段階で精神鑑定をした医師が証人として出廷し、「被告の説明は合理的だった。事件当時に精神障害は認められなかった」と証言した。

 この日の証人尋問で、医師は逮捕後に被告と計21回面会し、鑑定をしたと説明。検察側から「自暴自棄になって自分のことを悪く言っている可能性はないか」と尋ねられ、「合理的で正直に話していた」と述べた。また、弁護側から「被告が死刑になるために完全責任能力があると装った可能性がないか」と聞かれると、「精神科医の前でやるのは不可能だ」と答えた。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです