特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

菅首相「ほぼゼロ回答」 桜を見る会で責任回避答弁に終始 衆参予算委集中審議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で立憲民主党の福山哲郎幹事長(右手前から3人目)の質問に答える菅義偉首相(左)=国会内で2020年11月25日午後1時54分、竹内幹撮影
参院予算委員会で立憲民主党の福山哲郎幹事長(右手前から3人目)の質問に答える菅義偉首相(左)=国会内で2020年11月25日午後1時54分、竹内幹撮影

 25日の衆参両院の予算委員会集中審議では、安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題について、現政権から切り離そうとする菅義偉首相の姿勢が目立った。首相は旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業の利用制限に関しても野党の追及を受けた。

責任回避の首相、真相究明及び腰の政府・与党

 「安倍前首相が国会で答弁した内容について、前首相に確認し、答弁してきた」。首相は官房長官時代に、前夜祭費用の補塡を否定する安倍氏の主張に沿った国会答弁をしたことについて、この日の審議で責任を回避するような答弁を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1735文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集