メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ANAが持続可能な航空燃料使用の定期便運航 CO2削減

米シカゴへ向け出発する機体の前で横断幕を掲げる全日空の係員ら=成田空港で2020年11月24日午後4時33分、中村宰和撮影

 全日本空輸は国内の航空会社で初めて、持続可能な代替航空燃料(SAF)を使用した国際線の定期便を羽田と成田の両空港から運航した。SAFは廃食油や動植物油脂などを原料とし、既存のジェット燃料を使用するより、航空機の運航で発生する二酸化炭素(CO2)の排出量を削減できる。

 フィンランドのエネルギー企業ネステから10月、SAFを5500トン調達した。SAF単体を使用すれば、約9割のCO2の削減効果がある。今回の運航は既存のジェット燃料に30~40%を混合しており、削減効果は約3割になる。SAFの安全性や給油方法は既存のジェット燃料…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです