メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者のパートナーシップ制度、足立区が来年度導入 相談窓口も設置

足立区役所

 東京都足立区の近藤弥生区長は24日の定例記者会見で、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認証するパートナーシップ制度を来年度に導入すると発表した。白石正輝区議(79)=自民=の当事者への差別的発言を受け、区民から差別のない社会の実現に向け要望が挙がっていた。都内では、世田谷、港区などですでに導入している。

 同区によると、申請すれば戸籍住民課で「受領証明書」がもらえる。現在、区営住宅は両性の婚姻が入居要件だが、同性でも可能に改定する見通し。制度は議会の承認を経る条例ではなく、要綱として定めるという。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです