メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「生育したと思ったらだめに…」 タイラギ9季連続休漁 回復の兆し見えず

報道陣の取材に応じる佐賀県潜水器業者会の貞包保則会長(左)と福岡県有明海潜水器協議会の椛島会長=佐賀市で2020年11月24日午後3時38分、竹林静撮影

 24日に9季連続の休漁が決まった有明海特産の高級二枚貝「タイラギ」漁。佐賀、福岡両県の生息調査では、漁獲対象となる「成貝」は一つも確認されず、稚貝もわずかしか見つからなかった。個体数回復の兆しが見えない現状に、漁業者からは「生育したと思ったら天候でだめになる。毎年この繰り返しで悲しい」と落胆の声が上がった。【竹林静】

 県有明水産振興センターが10月に計55地点で実施した生息調査で成貝はゼロ、稚貝は8地点で最高7個にとどまった。福岡県による計58地点の調査でも、成貝・稚貝ともに一つも見つからない厳しい結果となった。ピーク時の1996年度に佐賀県で318トンの漁獲量(貝柱の重さ)があったが、2011年度には3・6トンにまで激減し、12年度から休漁が続く。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです