メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「過去最高」は「過去最悪」なのか いじめ急増のデータの裏を読み解く

教育再生実行会議の初会合に出席する安倍晋三前首相。問題行動調査のデータが示され、道徳の教科化が議論された=2013年1月24日

 いじめの認知件数は5年連続で、暴力行為は3年続けて過去最多を更新――。文部科学省が10月に公表した2019年度の問題行動・不登校調査の結果だ。数字だけ見れば、昔と比べて学校が荒れているように見えるが、実態はどうなのか。データの背景を考えた。【大久保昂/東京社会部】

「過去最多」が目立つ調査結果

 この調査の正式名称は「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」。全国の小中学校や高校などを対象に、いじめの認知件数▽暴力行為の発生件数▽不登校の子どもの数――などを調べ、毎年10月に前年度の結果を公表する。

 今年10月に公表された19年度の結果に目を向けると、多くの項目で「過去最多」の数字が並ぶ。

 まず、いじめの認知件数。…

この記事は有料記事です。

残り2769文字(全文3089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです